投資の勉強

初心者のFX口座の選び方

元手もいらずに取引ができるのが売りのFX。
そんなFXですが、この取引を始めるには、
その投資会社の口座を作らなければいけません。

口座開設と聞くと少し気が引ける方も多いのではと思いますが、
最近のFX市場は初心者にもとても入りやすく、
株や先物取引と比べれば敷居は低いのではないでしょうか。
むしろ投資の初心者が初めに通るのがFXなのです。

さてこの口座開設ですが一体どの口座を選べばいいのでしょうか。
昔といってもFXが市場をうずめいたのが数年前なのですが、
FXを取り扱う会社はその頃に比べて100倍程度増えました。
昔はあまりFXをネットで取り扱う会社も少なかったのです。

では実際の違いを説明しましょう。

FXは、外貨と日本円の交換取引です。
中ではオーストラリアドルとスイスフラン、ユーロと米ドルを交換する方もいますが
それは初心者はあまり気にしないで良いでしょう。

例を挙げましょう。
日本円と米ドルをトレードしようと思います。

しかしそんな時に1ドル90円だとしても、
1万円払えば900ドルが手に入るわけではありません。
交換の際に「スプレッド」という手数料が発生します。
そんなに大きいものではなく1円あたりに0.何銭(0.1銭~0.5銭)程度の微々たるものです。

このスプレッドはFXを扱う会社でぜんぜん変わってきます。
よって、初心者はこのスプレッドが小さいところがオススメです。

そしてもう一つは、FX初心者にとって詳しい解説と、
取引ツール操作が安易なシステムの、FX口座を選ぶことです。

サポートが充実していてまた少額の取引が行いやすいところがいいでしょう。
最初からドカンと多額の勝負をするわけではないので
最初は練習がてらに損をしてもあまり痛くない額でトレードを繰り返すべきです。

中には500円から取引可能な会社もあります。
そういうのを選んで経験をつむのが賢明です。

投資は甘く見ると痛い目を見ます。何事も経験です。
初心者をニーズとした口座を選ぶのが得策でしょう。
手数料の安いFX会社はこちらにも載っています。

Menu